アレンジレシピ
RECIPE

妊活レシピ | 岡田明子先生 |

〈 簡単温野菜サラダ クリーミーザクロドレッシング 〉

<材料>2人分
菜の花・・・1束(100g)
グリーンアスパラガス・・・4本
新じゃが芋・・・2個
ミニトマト・・・4個
ブロッコリースプラウト・・・1パック

<クリーミーザクロドレッシング>
ザクロのしずく・・・大さじ1
新玉ねぎすり卸し・・・大さじ2
マヨネーズ・・・大さじ2
オリーブオイル・・・大さじ1
粉チーズ・・・小さじ1
塩、こしょう・・・各少々

  1. 菜の花とグリーンアスパラガス、新じゃがいも(皮ごと)は水洗いして、食べやすい大きさに切り、耐熱容器に入れラップをして電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
    (目安:菜の花、グリーンアスパラガス2分、新じゃがいも3分)
  2. ミニトマトは半分に切る。
  3. ブロッコリースプラウとの根を切り落としお皿に敷く。
  4. ③に①と②を盛り付け、混ぜ合わせたザクロクリーミードレッシングをかける。
ここがポイント!
春野菜とザクロのしずくを活用した栄養満点温野菜サラダです。 この時期にしか摂り入れることができない「春野菜」をたっぷり摂り入れて是非妊活に活用していきましょう!
妊活に役立つ春野菜

■春野菜で妊活

春は、体も心も前向きに活動しやすく、妊活にもよい影響がありそうな季節ですね。
冬にためこんだ老廃物を排出する手助けをしてくれる、デトックス効果の高い「春野菜」は、妊活にも役立つ食材が多いのをご存知ですか?春野菜は、とても栄養価が高く妊活中に是非とり入れて欲しい食材です。そこで今回は妊活に役立つ春野菜をご紹介します。


<デトックス効果が高い春野菜>

デトックスとは、解毒や浄化という意味です。現代の生活環境は、農薬や食品添加物、排気ガスなど普通に暮らしていても有害物質を自然と取り込んでしまっています。このような毒素は、活性酸素の発生や便秘などにつながります。
また、いくら妊活によい成分を摂り入れたとしても毒素がじゃまをしてうまく栄養が吸収されません。不要なものを排出して代謝を高めていきましょう。ふきのとうやタラの芽、セリなどの臭いや苦味のある春野菜はデトックス効果が高いので是非この時期に摂り入れていきましょう。

また緑色の野菜に含まれるクロロフィルには、小腸の有害物質を吸着して排出する働きがあります。春野菜では菜の花がおすすめです。菜の花には、葉酸やカルシウムなど妊活時に摂取して欲しい他の栄養素も多く含まれています。


<抗酸化作用が高い春野菜>

精子や卵子を元気にするためには、抗酸化作用が高い食材がおすすめです。
春野菜では、スプラウト(新芽野菜)がおすすめです。最近では、ブロッコリーやラディッシュなど様々なスプラウト(新芽)をスーパーでも見かけるようになりました。スプラウトはフィトケミカル(抗酸化物質)を多く含むので、サビない体作りには必須です。根の部分を取り除けば、サラダにしたりスープに入れたりと包丁なしでも調理でき、クセのない野菜なので様々な料理に活用できます。


<疲労回復に役立つ春野菜>

働きながら妊活に取り組んでいるご夫婦は特に、毎日忙しく疲労がたまっている方も多いのではないでしょうか?春野菜はそんな疲れた体を回復してくれるのにも役立ちます。アスパラガスに含まれるアミノ酸の1種の「アスパラギン酸」は、新陳代謝を活発にし、疲労回復や体力増進にも役立ちます。


<血流をよくしてくれる春野菜新玉ねぎ>

冷えは妊活にとっては大敵です。
新玉ねぎに含まれている「硫化アリル」は、抗酸化や血流をよくしてくれるのに役立ちますので、冷えが気になる方は、是非積極的に摂り入れて欲しい食材です。この硫化アリルは水や熱に弱いのでサラダなどの生食がおすすめです。普段出回っている玉ねぎに比べ、新玉ねぎは辛味が少ないので、サッと水にさらせば生でも美味しくいただけます。


ザクロのしずくレシピ

コンテンツ

RECIPE
レシピ

レシピ一覧へ

INFORMATION
お知らせ

記事一覧へ

COLUMN
コラム特集

記事一覧へ

INTERVIEW
インタビュー

準備中

VOICE
お客様の声

記事一覧へ

ご質問・ご相談・ご注文はお気軽にどうぞ!

Copyright (C) ZAKUROYA All Rights Reserved.