アレンジレシピ
RECIPE

簡単妊活レシピ | 長有里子先生 |

〈 ザクロ風味のチョコレートクランチ 〉

■材料(約10個分)
チョコレート(カカオ70%) 100g
ザクロのしずく 大さじ1
くるみ、レーズン 各40g

  1. ボールにチョコレートを割り入れ、湯煎にかけて溶かす。
  2. ザクロのしずくを入れて混ぜ合わせたら、くるみとレーズも入れて合わせる。
  3. スプーンを使い、クッキングシートの上に2を一口大の大きさに置く。
  4. 冷蔵庫で冷やしかためる。
ここがポイント!
今回は栄養豊富なくるみやレーズンを使ったクランチ風のレシピ。ザクロのしずくも使うことで、ベリー風味のチョコレートに!作っていて「ザクロのしずくとチョコレートってすごく合う!」と、うれしい発見、そしてちょっと感動でした。バレンタインの自分チョコにぜひ。
チョコレートを食べるなら?

2月のバレンタインシーズンは、チョコレートを目にする機会が多くて「食べたい!」と思わず手が伸びてしまうことも…。

妊活では急激に血糖値を上げないほうがよいので、甘いものは控えめにしたいもの。
でもチョコレートを食べるなら、私はカカオ70%以上の高カカオチョコをオススメしています。

なぜなら高カカオチョコは、ミルクチョコレートなどに比べて砂糖が使われている割合が少ないから。
パッケージの原材料表示を見てみてください。
高カカオチョコレートは「カカオマス、砂糖…」の順番で原材料が書いてありますが、そうでないチョコレートは「砂糖、カカオマス…」の順番で書いてあるはず。
原材料の表示は使われている量の多い順番で書かれているので、高カカオチョコのほうが体にやさしいのです。

そのうえ、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、優れたアンチエイジング作用があるのもうれしいところ。
しかも高カカオということは、高ポリフェノール(ポリフェノールを多く含んでいる)ということなのです。

またチョコレートは食物繊維も多く含みます。
意外かもしれませんが、焼き芋と同じくらい、またキャベツの2倍以上も食物繊維を含む食品になります。
そう、チョコレートは健康要素をたくさん持っているのです。


ザクロのしずくレシピ

コンテンツ

RECIPE
レシピ

レシピ一覧へ

INFORMATION
お知らせ

記事一覧へ

COLUMN
コラム特集

記事一覧へ

INTERVIEW
インタビュー

準備中

VOICE
お客様の声

記事一覧へ

ご質問・ご相談・ご注文はお気軽にどうぞ!

Copyright (C) ZAKUROYA All Rights Reserved.