アレンジレシピ
RECIPE

簡単妊活レシピ | 長有里子先生 |

〈 焼き鳥となめこで!ヘルシー・レバーペースト 〉

■材料(作りやすい分量)
レバーの焼き鳥200g
たまねぎ1/2個(100g)
なめこ1/2袋(50g)
バター20gA塩小さじ1/2

Aこしょう少々
Aザクロのしずく大さじ2
A赤ワイン大さじ2
お好みで、乾燥ハーブ(今回はタイムを使用)適量(小さじ1/4くらい)

  1. たまねぎは2㎝角のざく切りにする。
  2. バターを熱したフライパンでたまねぎを炒めたら、なめこと串から外したレバーを軽く炒め、ザクロのしずくと赤ワインを入れてアルコール分を飛ばす。
  3. 2をミキサーまたはフードプロセッサーに入れ、塩、こしょう、お好みで乾燥ハーブを入れ、なめらかになるまで攪拌する。
ここがポイント!
※乾燥ハーブがない場合は、入れなくてもOKです。 ※赤ワインがない場合は、酒で代用してもOKです。
妊活におすすめ!レバーの焼き鳥活用法

鉄分が不足すると貧血になることは、みなさんご存じのはず。
では鉄分というのはどのような働きをしているのでしょうか?

体の中で元気(エネルギー)を産み出すには、酸素が必要です。
この酸素を体のすみずみまで運んでくれるのが、鉄分。
鉄が不足すると体内に十分な酸素を送れなくなるため、つくられるエネルギーの量が少なくなり、頭痛やめまい、倦怠感といった症状が表れます。

妊娠するということは、お腹の中に新しい生命を宿すこと。
つまり、よりエネルギーが必要になるということで、妊活に鉄分は必要不可欠になります。

でも現状は、女性のほとんどが鉄分不足…。
「私は貧血じゃないから」と思われるかもしれませんが、自覚症状のない軽度の鉄不足の方が多いのです。

赤身の肉やまぐろ、ほうれん草や小松菜、納豆など、鉄が多く含まれる食材はいろいろありますが、やはりレバーは効率よく鉄がとれる代表食材です。
でも、レバーを調理するには下処理が必要なので、ちょっと面倒。
ということで、私は妊活中、レバーの焼き鳥をよく活用していました。
そのまま食べることも多かったですが、たくさん購入して、串から外して冷凍保存がお決まりコース。
親子丼に鶏肉と一緒に入れたり、ミートソースを作るときに細かく刻んで加えたり、ちょこちょこ使いをしていました。

ちなみに、ひと工夫で、おもてなしにも使えるレバーペーストにリメイクできるんですよ。
一般的にレバーペーストは、バターや生クリームを多く使います。
でも、これらの動物性脂肪は妊活中には控えめにしたいもの。

代わりに使うのが、なめこです。なめこのぬめりが、バターや生クリームのようなコクを出してくれるのです。
今回のレシピはバターは少し使っていますが、生クリームは使いません。
そして、なめこ感もかんじないはず。
食物繊維もとれる、とにかくヘルシーなレバーペーストです!
だまされたと思って、ぜひ一度作ってみてくださいね。


ザクロのしずくレシピ

コンテンツ

RECIPE
レシピ

レシピ一覧へ

INFORMATION
お知らせ

記事一覧へ

COLUMN
コラム特集

記事一覧へ

INTERVIEW
インタビュー

準備中

VOICE
お客様の声

記事一覧へ

ご質問・ご相談・ご注文はお気軽にどうぞ!

Copyright (C) ZAKUROYA All Rights Reserved.