アレンジレシピ
RECIPE

妊活レシピ | 岡田明子先生 |

〈 かぼちゃとザクロのスープ 〉

【材料】1人分
・かぼちゃ・・・100g
・ザクロのしずく・・・大さじ1
・アーモンド・・・10g
・塩・・・少々
・豆乳・・・200cc

<トッピング>
・かぼちゃの種・・・少々

  1. かぼちゃは一口大に切り、耐熱容器に入れラップをして電子レンジで3分加熱する。
  2. ミキサーに①、ザクロのしずく、アーモンド、塩、豆乳を入れなめらかになるまで攪拌する。
  3. ②を鍋に移し温めたら器に入れかぼちゃの種を飾る。
ここがポイント!
ビタミンEを多く含むかぼちゃとアーモンドにザクロのしずくを合わせた簡単レシピです。 ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体作りをしていきましょう!
ホルモンバランスを整えよう!

■ホルモンバランスとは
ホルモンバランスとは、視床下部と下垂体、卵巣が連携して行う女性ホルモンの卵胞ホルモン、黄体ホルモンのコントロールのことをいいます。視床下部と下垂体は脳の中心部にあり、自律神経やホルモン分泌をコントロールする司令塔のような役割をします。女性の体は、この視床下部と下垂体の関係により、ホルモンが分泌され正常な生理周期が起こるのです。
ホルモンバランスが乱れたり、ホルモンの機能が滞ると生理不順や妊娠しにくいなど様々なトラブルにつながります。

■食習慣からのホルモンバランスチェック
不規則や、偏った食習慣は栄養バランスの乱れにつながり、栄養がしっかり摂れていないと、ホルモンのバランスが乱れ、重い生理痛や生理不順、さらには無月経など体の機能に悪影響を及ぼします。

<食習慣チェック>
□野菜の摂取量は1食に両手1杯以下である
□油物をよく食べる
□コンビニ弁当や菓子パンをよく食べる
□魚よりも肉をよく食べる
□乳製品をよく摂る
□きのこや海藻類はあまり食べない
□インスタント食品をよく利用する
□コーヒーや紅茶をよく飲む
□外食が多い
□朝食を摂らない

いかがでしたか?チェックが多くつくほど、ホルモンバランスを悪くする食習慣です。
毎日の食習慣がホルモン状態に関わってくるので、できるところから食習慣を見直していきましょう。

■ホルモンとビタミンEの関係
ビタミンEは、別名「妊娠ビタミン」と呼ばれる程、妊娠を望む方には、是非摂り入れて欲しい栄養素です。そもそもビタミンEは、1922年にラットの妊娠に必要な食事因子として発見されたビタミンです。
ホルモンの調整、排卵の促進、生理周期を正常にする働きもあります。
またビタミンEは、酸化を防ぐ作用もありますので妊活中の方には是非意識していただきたい栄養素の1つです。
成人女性の1日の摂取目安量は6.5mgです。
下記の食材を参考に摂り入れていきましょう。

<ビタミンEを多く含む食材>
アーモンド・・・10粒 2.9mg
ウナギのかば焼き・・・1串 4.9mg
トラウトサーモン・・・1切 4.6mg
ツナ油漬け缶詰・・・1缶80g 6.6mg
モロヘイヤ・・・1/4束 3.9mg
かぼちゃ・・・1/8個(80g) 3.9mg
赤ピーマン・・・1個 5.2mg


ザクロのしずくレシピ

コンテンツ

RECIPE
レシピ

レシピ一覧へ

INFORMATION
お知らせ

記事一覧へ

COLUMN
コラム特集

記事一覧へ

INTERVIEW
インタビュー

準備中

VOICE
お客様の声

記事一覧へ

ご質問・ご相談・ご注文はお気軽にどうぞ!

Copyright (C) ZAKUROYA All Rights Reserved.