イラン視察レポート 3日目

あっという間にテヘラン3日目の朝です。
イランは1年のうち300日は晴れていて雨が降りません。

ちょっとホテルの部屋を紹介…
ネット環境は素晴らしくホテル全館無線LANになってます。

でも Youtube,facebook,twitterは規制がかかっていて開けません。
しかし、このトイレは不思議。

3日目は少し時間があるのでテヘラン観光。
シャッターをきりまくっていました。

日本とは180度違う国。 それにしても、サーヴェの空気はあんなにきれいだったのに、人口増しと交通渋滞が慢性化するテヘラン市内はほんとに空気が悪い。

異国に来て改めて、なんて日本は空気がきれいなんだろうと思います。

3日目のランチは
人気のインド料理店へ。

イランで インド料理。
なんか不思議ですが
すっごく美味しかったです。

町の果物屋さんへ寄りました。

やはりザクロが一番多く積まれていて
イランでのザクロは日本でいうところの“みかん”です。

昔からどこの家庭でもあたりまえに食べられています。

2010年のイラン訪問も あっという間でしたが、「ザクロ」は知れば知るほど不思議で神秘的な果物。

もの凄い可能性を秘めていることを確信できます。
ザクロ伝道師としての使命を、もっともっと 深く自覚しなければ(^-^)

こうして、日本へ向けて長い長い帰国の途につきました。

今回のイラン視察でも多くの気づきがありましたが本場イランでは、血行を良くする、血圧が下がる、血管を掃除するなど、昔から「何にでも効く」という概念があるようです。

冬から春にかけては、どこの家庭にもザクロは常備され、日本でいうところのミカンのように、日常的に食べる習慣があり、

この時期は面白いことに“赤ちゃんを持つ女性の母乳の出が良くなり、粉ミルクの消費量が減る”という現象がみられるそうです。

ザクロ屋でも2001年にオープンしてから、これまでに多くの嬉しいご報告が寄せられています。

「あきらめないで続けて良かった!」
多くの方が実感されています。